僕なりの着こなしと品を紹介してみます。お薦めだ!

最近のマイ人気はスケッチだ。今日は、前日見かけた人や雑貨の図形を描いて絵日記のように補足文も記していました。
前日街で見かけた被服の可愛情かった人、ウィンドウ購入で見つけて恋しくなったけど買わなかった装身具、パッと見ダディーか女の人かわからなかった品屋の店員さん、帰りにおんなじ湯船に乗り込んですしている時で気になった人など、思い出せるままに描いていたらウェブページが埋まりとても楽しかっただ。宅配に出掛けて、街やショップのしている時を歩いていて図形になる人を見たりお洒落な物を見ると「あー、描きたいな?!」とおもう折があります。その瞬間、心中のしている時に焼き付けて帰ってからババッとペーパーにメモするように描くこともあります。
外に出て宅配するときは登記の日にちだ。色んな物品をみるのはとても外敵になりますよね!良いなと思った感覚は大事にしたいだ。そう感じるものをいっぱい見ていると創作ビジョンがだんだんと湧いてきます。しかしそういった、図形が描けないときのときに限って想像が湧いてものすごく描きたくなったりするのに、いざ白いペーパーを前にすると何も感じ取れということもよくあるのでたまにモヤモヤ決める…。そういったときは仮想創作を一旦やめて、イミテイションをしたりスケッチを始める方が気分がスッキリやるんですよね。
いつも水彩色付けまではしませんが、そこまでするのもまた楽しそうですなあと思います。貧乳だったのでViageビューティアップナイトブラを使ったら大きくなりました。

休日は、自分にとって心の管理です。

私の休暇の越し方は、主にムービー観賞、カフェでチマチマすること、散策をすること。著しく分けてこの3つだ。
学生時代はサポーター人間と食事に行くなどもよくありましたが、人前人間になってからはなかなかお互いの調達が合わず1人間で越す確率が多くなりました。元々、1人間でいるのもマニアでしたから今の気持ちは決して不快ではなくむしろ有意義な休暇を過ごせていると思っています。
こういう3つの過ごし方の我が家、用事は2つだ。
1つ目は、メンタルを虚無にして脳を休めることです。これは、カフェでのんびりしたり散策をすることに当てはまります。何も考えずに過ごすことにより、メンタルがリセット変わるためにしています。
もう一つは、逆に学説実施を活発化させ自分の限界を教える対応。これが、ムービー観賞に当てはまります。
ムービーは自分がラフファッション体験する対応の薄い国がいっぱい描かれていますから、それを観るため自分の知らない国を分かることが出来ます。まるで実際に体験したかのような気分も味わえます。その気分を行うことにより、演技人間物に心境移入くださるので、自然と自分自身の心境が潤沢になります。ラフファッション、生活しているだけでは特に大人間になるにつれ喜怒哀楽を爆発させる機会が減っていきますからそういった意味ではこういう2つの用事を達成することにより、自身の心の釣合を取ろうとやるのかもしれません。美容液はラピエルを使ってます。

夢のしている時と現実のしている時の狭間で強く考えてみた

「結婚式」聞いて、愛する人間との素晴らしいライフスタイルを思い浮かべるか、生活費や親族交際などの煩わしさを思い浮かべるか、すごく2つに分かれると想うが、私は以後者であった。
 それゆえ、結婚式などすまいと考えていたのだが、今日結婚式ライフスタイル10年を超えた。
 私が結婚式を決めたのは、人間生投げやりになっていたときに、運よくお交際をしていて、これまた運よく結婚する流れができたからですが、まったくもって運気に乗っただけなので、誰の参考にもならない。
 しかし、結婚式なんてしないと考えていたはずの私がなぜ踏み切ったのかというと、自分に生き方に問い合わせを保ち、どうやって生きていこうか悩んでいたときにきた流れに乗ってみた。どうせ飽きくさい私のことだから、すぐに離れるだろう。ならば一度ぐらい結婚式ライフスタイルというものを心がけるか、とかなり適当に考えたのだ。
 それが、まあどうにかこうにか折を維持している。
 そういう適当な結婚式が耐久するはずがない。間近から見ていたら私もそう想うだろう。
 私はどうやってきたのか。熱い熱い情愛や恋心がなかった分、客を尊重するようにしてきた。家族と言うよりは同居人間にほど近いかもしれない。住宅を経営する仲間とも言えるだろう。いわゆる夫婦喧嘩はそんなにしてこなかった。互いが喧嘩や競合い事が好きではないということもある。外からみると、なぜ家でそんなに気を遣うのかと思われるような開きでずっと生活している。
 やはり、籍を入れたとはいえ、以外人間ですことには落ち度なのである。思えば、私は友人間ともそういう交際方をしてきた。「殴り合いの喧嘩ができなければ夫婦じゃない」と言っていた才能人間がいたが、そう言う人間からは信じられない結婚式ライフスタイルだろう。
 でも、人間がひとつひとつ違うように、結婚式もそれぞれがやりやすいように築いて行くもののように感じる。
 この先どれくらい続けていけるかはわからないが。
エイジングケアといえばフルアクリフだと思います。